シミ消す薬の総まとめ

シミ消す薬の総まとめ

頼れるのはよく効く医薬品ロスミンローヤル

20代でシミが出来てしまったら・・その対策法とは?

20代でシミが出来てしまったら・・その対策法とは?

20代というと、シミがないキレイなお肌をイメージしますが、20代からシミで悩んでいる方も少なくありません。

どうして20代でシミが現れてしまうのでしょうか?

また、その対策方法はあるのでしょうか?


20代でシミができるのはなぜ?

20代でシミができる人には共通点があるようです。それは、色白で日焼けをしてもすぐに黒くならない肌質の人にシミができやすいと言われています。

また、キメが細かく、肌がなめらか、どちらかというと乾燥肌の肌質の人がシミができやすいといえます。

20代のシミ予防とは?

まだシミが出来ていなくても、上記の肌質にあてはまるのであれば、今すぐにでも予防対策を打つことが望ましいでしょう。予防には紫外線対策がいちばんです。日焼け止めをこまめに塗りケアをしていきましょう。

20代でシミができてしまったら?

もし20代でシミができてしまったら、すぐにケアを始めましょう。若いうちにしみが出来てしまうと、それを隠そうとファンデーションやコンシーラを使ってシミを隠そうとしがちですが、過度な摩擦や過剰な油分を与えることによりしみが悪化する危険性があります。

そのため、できれば医療機関を受診して内服薬や外用薬を処方してもらうことをおすすめします。「トレチノイン」や「ハイドロキノン」など高濃度の薬でシミをキレイに消すことができます。それでも改善が見られないなら、レーザーによる治療を受けることもできるでしょう。

医療機関を受診して治療をすることに加え、美白化粧品でシミをケアすることもできます。最近では医療機関と同レベルの高濃度で有効成分が配合されているドクターズコスメも販売されています。医療機関を受診するよりもコストがかからない魅力があります。

本格的な治療をするほどまだシミが濃くなっていないのなら、ドクターズコスメでも十分かもしれません。また、普段からこのような美白化粧品を使用しているのであれば、シミを予防することもできるでしょう。

さらに、シミを消すためにさまざまなサプリメントも出回っていますが、まだ20代という若さもあるので、毎日の食事から肌に良い栄養素を意識的に摂取していくことも良い方法と言えます。

特にシミの改善にはビタミンCは欠かすことができない栄養素の一つです。

まとめ

20代でもシミはできます。出来てしまったなら医療機関を受診して薬で早いうちに改善するようにしましょう。

また、普段から美白化粧品や食べ物などに気を付けてシミができにくい肌作りをしていくようにしましょう。


pagetop