シミ消す薬の総まとめ

シミ消す薬の総まとめ

頼れるのはよく効く医薬品ロスミンローヤル

日焼けした後のすべき肌ケア

日焼けした後のすべき肌ケア

日焼けをしてしまった時や、長時間紫外線を浴びてしまった後、肌は薄っすらとやけどをしたような状態になっています。

そのため、早めに冷たいシャワーを浴びて日光を浴びた部位を冷まし、皮膚に蓄熱がないようにすることで、多少メラニンの発生を抑えて日焼けを予防しやすくなります。


日焼けは軽いやけどと考えよう

スポーツや海水浴、旅行などを楽しむと必然的に紫外線、日光を浴びることになります。外回りの仕事をしている方も紫外線の影響を受けやすく、長時間の日焼けは美白の天敵です。

しかし、紫外線を浴びてしまっていても、メラニンの発生を抑えるビタミンCやL-システインを十分補給できていれば日光に負けない肌を作れます。

日焼けは軽いやけどと同じなので、お風呂で冷たいシャワーを浴びて肌をクールダウンさせつつ、日頃から栄養補給を怠らないようにして、日光に強い肌を作りましょう。

半年前から栄養補給が必要

肌のターンオーバーには最低でも4カ月から6カ月という時間が必要です。そのため、日焼けしやすい夏場、7月から9月に向けてその年の1月から3月の間に用意を始める必要があります。

冬の間に十分なビタミンC・L-システイン補給ができていれば、肌を日光やストレスに強い状態にできます。また、冬の間に受ける乾燥対策は夏の間に行う必要があるので、1年を通してL-システインなどの栄養補給ができているのが理想的です。

季節に合わせて半年前から用意をするのが美白や美容の鉄則です。

日焼け後はクールダウンして

日光を完全に避けるのは不可能で、紫外線を浴びてしまった後にクールダウンや保湿で日焼けの影響を少しでも減らす工夫が必要です。日焼け後にはアルコールや添加物の多い食品は避けて、肌へのストレスがかからないようにしましょう。

乾燥とストレスは肌へのストレスも大きくしてしまうので紫外線を多く浴びた日ほど、早めに冷たいシャワーでクールダウンし、多めにビタミン補給をして、早めの就寝をしましょう。

水分補給も大切で、紫外線を浴びた肌の回復力が最大限生かされるようにすれば美白しやすい状態を維持できます。

まとめ

日焼けは避けにくいことですが、長期的なL-システインやビタミンCの栄養補給と水分摂取、日焼け後のクールダウンを意識して美白しやすい状態を作りましょう。

日焼けする前の準備と日焼け後のクールダウンを大切にして、日光に負けない強い美肌を手に入れてください。


pagetop