シミ消す薬の総まとめ

シミ消す薬の総まとめ

頼れるのはよく効く医薬品ロスミンローヤル

ビタミンだけでもしみを消すことは可能か?

ビタミンだけでもしみを消すことは可能か?

シミに効く薬の成分と言えばビタミンCですが、ビタミンCだけの摂取でもシミを消すことができるのでしょうか?

ビタミンCの摂取だけでもシミを消すことはできます

ビタミンCがシミに効かない!という人は、ビタミンCの摂取量が足りていないことが考えられます。

ビタミンCを多少摂取したくらいでは効果は期待できません。

なぜなら、ビタミンCは肌だけでなく、身体のあらゆる部位に使われています。体は摂取した栄養素をまず生命維持に必要な部位から使用していきます。

しみなどの肌は命とは関わっていないので、たくさんのビタミンCを摂取しなければその栄養素は回ってこないのです。

そこで最近、ビタミンCを成人の1日の摂取限界量を摂ることができるシミ飲み薬も販売されています。

また、化粧品でも「ビタミンC誘導体配合」のものは、出来たばかりのしみには有効です。

 

ビタミンをたくさん摂取すると美白効果が!

ビタミンCの効果を肌にまで及ばせるためには、最低でも1日1000mgの摂取が必要になってきます。

成人の1日のビタミンC最大摂取量は2000mgと言われているので、それを目安にビタミンCを摂取することで、肌への効果を実感することができるでしょう。

 

ビタミンCの配合量が多いシミに効く薬ランキング

第1位:「シミトール」

シミに効く薬をビタミンCの量で選ぶならシミトールです。ビタミンCが2,000mg配合されています。ちょうど成人1日の目安量です。ビタミンC以外にもシミに効く成分がたっぷり含まれているのでその効果を期待することができるでしょう。

第2位:「トランシーノホワイト」

トランシーノホワイトには、ビタミンCが1,000mg配合されています。しみに効果があるL-システインも240mg含まれています。

しみ予防や出来てしまったしみ対策に有効な医薬品です。愛用者やリピーターが多い人気の商品です。

第3位:「ミセリンホワイトNKB」

ミセリンホワイトNKBには、トランシーノホワイト同様mビタミンCが1、000mg、L-システインも240mg含まれています。シミ取り薬特有のにおいが無いので飲みやすい薬となっています。

まとめ

ビタミンCはシミ取り以外にも、抗酸化作用や栄養補給などさまざまなメリットがある有効成分の一つです。

多くのビタミンCを摂取してシミ取りをしたい方は上記の医薬品を使用してみることができるでしょう。


pagetop