シミ消す薬の総まとめ

シミ消す薬の総まとめ

頼れるのはよく効く医薬品ロスミンローヤル

シミ取りはどの方法が一番効果的?

シミ取りはどの方法が一番効果的?

シミを取る治療方法には4つの段階があります。

それは、日焼け止めクリームなどを使用しての紫外線対策、ビタミン剤の服用、シミ取りクリーム、レザー治療の4つです。


紫外線対策

紫外線対策が一番のシミ予防対策です。新たなシミを増やさないために紫外線対策はとても重要です。日焼け止めクリームなどをしようして徹底的に予防をしていきましょう。

ビタミン剤の服用

ビタミン剤の服用も手軽に行うことができる方法です。しかし、ビタミン剤を服用したからシミ取りの効果があるということではありません。ビタミン剤を服用することにより「老人性色素斑」「雀卵斑」「肝斑」の予防治療を行うことができます。

もしビタミン剤だけの服用でシミが取れた場合、それはそのシミが時間の経過とともに薄くなる紫外線やニキビ跡などの色素沈着によるシミだった可能性があります。

シミ取りクリーム

皮膚科で処方されるシミ取りクリームは、メラニン生成を抑制する「ハイドロキノン」配合のクリームと、皮膚の基底細胞の分裂を早める「レチノイン酸」配合のシミ取りクリームがほとんどです。

両方のクリームがヒリヒリとした刺激感が副作用として起こる場合があります。シミにピンポイントで塗ってもかぶれる場合があるので刺激性が強い分、シミ取りの効果が高く期待できるクリームとなっています。

レザー治療

レザー治療にはさまざまな種類があります。「老人性色素斑」のシミには、ピンポイントで強い照射1回でほぼ取ることができます。しかし、再発する可能性があるので、ビタミン剤の服用とシミ取りクリームを併用することをおすすめします。

「肝斑」タイプには、マイルドな特殊なレーザーを全体的に照射することができます。個人差にもよりますが週1ペースで5~6回照射することで、1ヶ月経過以降に効果が出てくるのが一般的です。

こちらも再発する可能性があるので定期的に照射することと、ビタミン剤の服用とシミ取りクリームを併用することができるでしょう。

まとめ

シミ取り治療で一番効果が早く実感できるのは、レーザー治療です。しかし、残念なことにレーザー治療をしてシミを消すことができても、数カ月後に再発する可能性がとても高いです。

ですから、再発予防のために日焼け止めクリームなどを塗る紫外線対策、ビタミン剤の服用、シミ取りクリーム等、他の効果的な方法を並行して行うようにしましょう。これらをしっかり行うことで、シミのない美肌を手にすることができるでしょう。


pagetop