シミ消す薬の総まとめ

シミ消す薬の総まとめ

頼れるのはよく効く医薬品ロスミンローヤル

シミの治療薬は市販薬よりも皮膚科

シミの治療薬は市販薬よりも皮膚科

シミで悩んでおられる方の多くが、手軽に購入できる市販のシミ治療薬を使用していると言われています。

しかし、市販薬ではあまり効果を感じることができていない場合も多いようです。

本気でシミを治療したいとお考えなら、市販薬よりも皮膚科の受診がより効果を期待できます。

なぜなら皮膚科では、シミの種類に適した塗り薬や飲み薬を処方してくれるからです。

 

市販の薬は効かない?

市販の薬でシミが改善する方ももちろんいます。しかし、シミには種類があり、それぞれ原因や対処法が異なります。

そのため、市販薬による自己治療を行っても改善が見られない場合は、シミに対する対処方法が間違っているのかもしれません。

また、自分ではシミだと思っていても、実は違うという可能性もあります。

 

皮膚科で処方される内服薬(飲み薬)とは?

アスコルビン酸(ビタミンC)

ビタミンCは抗酸化作用が強いので、シミの予防効果や、できてしまったシミを改善する効果を期待することができます。

医療機関では「シナール」などの薬剤名で処方されます。「ハイチオールC」などの市販のシミ改善薬の多くにも含まれています。

トラネキサム酸

肝斑の治療にとても効果的な内服薬です。「トランサミン」などの薬剤名で処方されています。トラネキサム酸を配合している市販品には「トランシーノⅡ」などを挙げることができるでしょう。

 

皮膚科で処方される外用薬(塗り薬)とは?

トレチノイン

トレチノインはビタミンA誘導体の一種です。肌のターンオーバーを促進してくれる塗り薬です。にきびやシワの治療にも使用されますが、シミ治療にはハイドロキノンとセットで処方されることが多いです。

効き目が強く、赤みや皮むけなどの副作用を引き起こす場合もあるので必ず医師の指示に従って使用するようにしましょう。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、強力な漂白作用を持っている塗り薬です。個人輸入などで高濃度のものを手にすることができますが、長期間使用していると、白斑(はくはん)という肌の色がまだらに抜け落ちる副作用を引き起こす恐れがあるので気をつけましょう。

まとめ

市販薬は近くの薬局やドラッグストアなどで気軽に購入することができ安全性は高いですが、シミの改善効果はマイルドです。

しかし、処方薬は医療機関を受診する必要があり手軽に購入することはできませんが、その分高い効果を期待することができます。もしシミを本気で改善したいとお考えなら、医療機関を受診して処方された薬で治療していくことをオススメします。


pagetop