シミ消す薬の総まとめ

シミ消す薬の総まとめ

頼れるのはよく効く医薬品ロスミンローヤル

しわができるのはなぜ?

年齢肌といえば、しわの多い肌を連想させますが、多くの女性はしわが出来てしまうと憂鬱に思ってしまうのでは無いでしょうか?ここでは、どうして肌にシワが出来てしまうのか、その仕組みについてわかりやすく解説しています。

女性の大敵「しわ」はアラフォーに入るとどうしても避けることができません。

どうしてしわができるのでしょうか?

しわは何らかの原因で、肌深部にある「真皮」というところにある、「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」など肌のハリや弾力を保つ成分が減少してしまうことが原因で引きおこされます。

これらの成分を減少させた主な原因は、皮膚の衰え、つまり、老化です。本来の肌は、ハリを保つコラーゲン・エラスチンが減ってもそれらを生み出す線維芽細胞がどんどん補充することができます。

しかし20代を過ぎてしまうと、加齢とともに肌のコンディションを保つ成分の補充が追いつかなくなってしまうのです。それにより、肌のハリや弾力を保つことができなくなりしわができてしまうのです。

また、そこにしわを悪化させる生活習慣が加わることによりしわはどんどん悪化されていきます。では、しわを悪化させる生活習慣とは何でしょうか?

しわの原因とは?

しわを作る身近な原因とはいったい何でしょうか?

1、乾燥

肌が乾燥すると小じわができやすくなり、それを放置してしまうと悪化してしまい、深いしわとなってしまいます。

2、紫外線

日光による紫外線のダメージにより活性酸素が発生し、皮膚の老化が悪化ししわを引き起こします。

3、ストレス

ストレスが溜まると、女性ホルモンのバランスが乱れます。それにより、しわができやすくなります。

4、食生活の乱れ

ダイエットや偏食、外食が続くことなどの理由により栄養バランスが崩れると、肌のハリが失われてしわができやすくなってしまいます。

5、睡眠不足

睡眠が不足すると、肌のターンオーバーを正常に行うことができません。そのため、角質が荒れてしまい肌が乾燥しやすくなってしまいしわができやすくなってしまいます。

6、間違ったスキンケア法

洗顔などで肌をゴシゴシ強くこすってしまうと、肌に刺激を与えることになりしわができやすくなってしまいます。

7、喫煙

喫煙は血行不良を招きます。それにより、肌に酸素や栄養素を届けることが難しくなり肌状態が悪くなるため、結果としてしみやしわを引き起こします。

これらの原因は、日ごろの生活習慣の中で気を付けることができるものばかりです。思い当たる点があるのであれば、出来る限り改善していきましょう。

まとめ

少しの努力でしわの原因となるものを避けることができます。それらに加え、しわに有効なスキンケア商品を使用してケアを行うならしわがない若々しい肌をキープしていくことができるでしょう。


pagetop