シミ消す薬の総まとめ

シミ消す薬の総まとめ

頼れるのはよく効く医薬品ロスミンローヤル

しみを除去することができる薬とは?

しみを除去することができる薬とは?

しみを除去する方法はレーザーだけではありません。

塗り薬のクリームを塗るだけでもしみを除去
することができます。

一体どんなクリームでしょうか?


しみを除去できるクリームとは?

しみを除去できるクリームは「トレチノイン」「ハイドロキノン」という2種類の軟膏です。

トレチノインには、肌の代謝を高めて、角質を剥がすピーリング作用があります。

ハイドロキノンには、しみやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を防ぐ作用や漂白する作用があります。では、しみにもたくさんの種類がありますが、この薬に効果があるシミはどのようなしみでしょうか?

それは、日焼けによりしみやニキビ跡の色素沈着によるしみ、虫刺されの炎症跡の色素沈着などの表皮タイプのしみに有効です。日本人の約70パーセントがこのタイプのしみと言われています。

2種類のクリームの使い方とは?

まず、消したいしみにトレチノインをはみ出さないように綿棒で塗ります。乾いたらハイドロキノンを指で伸ばすように顔全体にぬります

このセットを2カ月続けたら休止します。この治療法は、2カ月がワンクルーの治療となっています。

注意したいこと!

トレチノインは強い薬なので、日本では、トレチノインを配合したクリームは市販で販売されていません。しかし、美容皮膚科や整形外科などで処方される薬です。

それらを使用することができますし、海外から輸入して使用することもできます。輸入商品を使用する場合は、濃度の配合率が高いものもあり危険ですので、配合率やそれに伴う副作用なども使用する前には考慮するようにしましょう。

一方、ハイドロキノンは2001年から日本でも使用することが可能になっています。トレチノインを使用せずに、ハイドロキノンのみでしみを除去することも可能です。

まずは、ハイドロキノンが配合されているスキンケアから試してみるのもよいかもしれません。

 

ハイドロキノン配合のオススメスキンケア商品

アンプルール化粧品

NHKきれいの魔法に出演されている、美容皮膚科医の人気の先生が開発したコスメです。しみへピンポイントで美容液を使用することができるので、効果を実感しやすい化粧品となっています。気になる方はまずはトライアルセットで試してみることができるでしょう。

ドクターシーラボ「ホワイト377」

ハイドロキノンよりも優れていると言われている成分を配合しています。その効果を試してみませんか?

 

まとめ

しみを除去する方法はレーザーだけではありません。お手頃なスキンケアで除去することができるのです。是非その効果がある成分が含まれているものでしみを除去していきましょう。


pagetop