シミ消す薬の総まとめ

シミ消す薬の総まとめ

頼れるのはよく効く医薬品ロスミンローヤル

しみはどうしてできるのか?その原因とは?

しみはどうしてできるのか?その原因とは?

しみを取ることも大事なことですが、最初からしみを作らないようにすることが出来れば、しみを取る必要もありません。

それには、しみができる原因を知らなければいけません。

では、しみができる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?


ストレス

お肌の天敵といえば、ストレスです。多くの方がストレスでしみが出来ているようです。どうしてストレスでしみが出来てしまうのでしょうか?

それは、ストレスが溜まることにより肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌の健康が損なわれてしまうからです。

そのため、しみが異常に発生しやすくなってしまうのです。ですから、ストレスが溜まっていると感じたなら、意識してストレスを解消するように心がけていくようにしましょう。

紫外線

しみの原因の8割は紫外線と言えます。紫外線を浴びると肌はメラニンを分泌します。

このメラニンが過剰分泌になってしまうと、肌が健康だったとしてもしみが出来てしまうのです。紫外線の毎日の蓄積によりしみはできてしまいます。

ですから、出来る限り紫外線を浴びないように、必ず日焼け止めを塗って紫外線から肌を守ることを心がけ、しみ対策を行っていきましょう

加齢

30代まではあまりしみはできません。しかし、30代を過ぎる頃になるとしみが出来るようになってしまいます。さまざまな原因が考えられますが、加齢もその一つの原因です。なぜなら、年を重ねるごとに新陳代謝が衰えてきます。

それにより、肌のターンオーバーが遅れてしまいメラニン色素の生成が優先されてしまうのです。加齢によるシミは防ぐことがとても難しいシミです。

ですから、しみ取りのスキンケアではなく、お肌の若々しさを保つためのスキンケアを行うようにしましょう。特に夜はしっかりと睡眠をとってターンオーバーを促すような生活習慣を心がけることができるでしょう。

また、刺激の少ない、肌にやさしい基礎化粧品を使うことをオススメします。そのように30代からしみケアをしていくことで、40代や50代に年を重ねていってもしみのない肌を作る事が出来るでしょう。

食べ物

食生活と肌は密接に関係しています。レモンなどの柑橘系を食べて紫外線を浴びるとシミが出来やすくなってしまいます。

特にレモンなどの柑橘系に含まれているソラーレンという成分は、日光に反応してしみの原因になってしまうので、外出前に食べることは控えるようにしましょう。

しかし、これらの食物を食べたらいけないというわけではないので、タイミングなどに注意しながら摂取していくようにしましょう。

まとめ

効果のあるしみとり化粧品などでスキンケアを行うこともできますが、最初からしみができないようにお肌環境を整えておくならしみで悩むことはありません。

上記に挙げた点は、毎日の生活の中でできる対策ばかりです。是非それらを実践ししみがない美肌を手にしましょう。


pagetop