シミ消す薬の総まとめ

シミ消す薬の総まとめ

頼れるのはよく効く医薬品ロスミンローヤル

しみに効果のある薬には副作用はあるか?

しみに効果のある薬には副作用はあるか?

しみを消す目的の美白化粧品も多くありますが、皮膚科やクリニックなどでシミの治療薬として処方される飲み薬もあります。

それには「シナールC」という飲み薬があります。

飲むだけでしみが消えるこの薬、副作用はないのでしょうか?


シナールの効果と副作用

美白効果があることで知られているのは、シオノギ製薬のシナールです。シナールは医療機関で処方される薬でもありますが、薬局やドラッグストアなどでも購入することができます。

その効果は、ビタミンCの補給、しみ・そばかすの治療、貧血の鉄剤の吸収を促すなどさまざまです。主にビタミンCが主成分となっていますが、処方薬と市販薬では、配合成分に若干の違いがあります。

また、処方される場合は一緒に「トラネキサム酸」も処方されるのが一般的となっています。シナールをしみ消しや予防に長年飲み続けていると、肌が白くなり、しみやくすみの改善や予防にもつながります。

しかし、美白目的でシナールを服用する場合は、1~1.5か月ほどを目安に服用するようにし、効果がないのにそれ以上の期間服用することはやめるようにしましょう。では、シナールには副作用はあるのでしょうか?

シナールは、ビタミンが主成分で配合されているので、重大な副作用が起きることはなく、副作用が起こる確率もかなり低いです。

報告されている副作用の症状としては、下痢、吐き気、嘔吐、腹痛など消化器官に関するものが時折発症する場合があります。そのような症状が見られたら、服用をやめましょう。

トラネキサム酸の効果と副作用

医療機関でシナールと一緒に処方されることが多い、トラネキサム酸はどうでしょうか?トラネキサム酸も、シミや肝斑を改善する大きな効果がある成分です。

アミノ酸の一種でもあるこの成分は、メラニンの生成を抑制、抗炎症作用、止血効果などがあります。肌が紫外線などの刺激を受けると、メラノサイトにメラニンを作るための情報が伝達されシミになってしまいます。

トラネキサム酸は、シミを発生させるプロスタグランジンという物質の伝達を阻害することができるので、メラニン生成を抑制することができ、しみを予防することができます。

トラネキサム酸は、安全性が高い薬なので、副作用はほとんどありません。時折、食欲不振や吐き気が出る場合もあるようですが、ほとんど起きないので副作用はあまり心配する必要はありません

一般的にシミに効果がある「シナール」と「トラネキサム酸」の副作用は心配する必要がありません。もししみを消す薬を探しているようなら、手軽に始めることができる市販薬のシラールから始めてみることができるでしょう。


pagetop