シミ消す薬の総まとめ

シミ消す薬の総まとめ

頼れるのはよく効く医薬品ロスミンローヤル

くっきり日焼け跡を少しでも早く解消する方法

くっきり日焼け跡を少しでも早く解消する方法

夏のきつい日光で日焼けをしてしまうと、洋服との境い目に日焼け跡がくっきりと残ってしまうことがあります。

この日焼け跡が水着の跡であれば、まだ下着で隠せますが、そうでない場合には早めに対策しておかないと恥ずかしい思いをすることになってしまいます。


ビタミンCとL-システインを補って

日焼けして黒く見えるのは、黒色メラニンが肌に生成されてしまったためで、このメラニンを減らせる栄養をサプリメントなどで補うのが最近の美白の常識です。

一番良いのは、日頃からローフード(生野菜:サラダなど)やフルーツから栄養を補っておくことですが、忙しくて時間の少ない現代人にとってサプリメントは有効です。

ビタミンCとL-システインはメラニンの発生を抑えて、メラニンを薄くする作用があることが知られているので、日焼けする可能性がある時には早めに栄養補給し始めましょう。

保湿でターンオーバーを加速

一度日焼けしてしまうと肌のターンオーバーが進むまで、日焼けしてしまった部分はどうしても目立ってしまいます。

保湿とパントテン酸カルシウムなどを含んでいるサプリメントを摂取することで少しでも効率的に肌のターンオーバーが進むようになるので、日焼けしてしまった後からでも栄養補給を心がけてください。

メラニンを薄くしたい場合はビタミンCを十分量補うのが一番で、1日2000mgは確実に摂取できるようにしましょう。ビタミンCは多く摂取しても体外に出ていってしまうので量は多めに摂取しても問題はありません。

ビタミンC摂取で気をつけること

ビタミンCは水溶性のビタミンなため、過剰に摂取してもすぐに体外に排泄されていきます。

ビタミンCはは別名アスコルビン酸と呼ばれており、簡単に酸化されて活性を失ってしまうため、効率的に摂取したとしても体内のストレスや活性酸素の影響で、肌に届く前に多くのビタミンCは損失します。

それを考慮してビタミンCを補うと美白しやすい状態を作れます。ビタミンCはコーヒーと飲むと尿管結石を起こしやすくなるので、ビタミンCを多く摂取する時には飲み物や食生活にも十分注意しましょう。

2000mgもビタミンCを摂取していれば損失があっても十分量補給されますが、推奨摂取量よりは多いので、体調と相談しながらビタミン補給をしてください。

まとめ

日焼けあとを早く解消したい方は、ビタミンCをしっかり補給して、保湿や肌のストレス軽減も意識しましょう。

使用する石けんやボディソープでもストレスを受けてしまうので、無理な生活スタイルは避けて、美白しやすい環境を整えてください


pagetop