シミ消す薬の総まとめ

シミ消す薬の総まとめ

頼れるのはよく効く医薬品ロスミンローヤル

かおにできた”しみ”を消したい!

かおにできた”しみ”を消したい!

顔にできたしみは毎日鏡で見るものなのでとても気になります。

年齢と共に増えていくかおのしみは、どのように対処していくことができるでしょうか?


顔にできるしみの原因とは?

かおにできるしみにはいくつかの原因があります。その中でも1番の原因と言われているのは紫外線です。

それに続き、ストレス、睡眠不足、女性ホルモンの乱れ、ニキビによる炎症跡などもかおにできるしみの原因と言われています。

原因がそれぞれあるようにしみにもいくつかの種類があります。

ニキビや肌の炎症が原因で色素が沈着してしまった「炎症性色素沈着」、長年浴び続けた紫外線が原因でシミが現れる「老人性色素斑」、女性モルモンの影響による「肝斑」、紫外線を浴びると濃くなる遺伝的なしみ「雀卵斑(じゃくらんはん)」、皮膚の老化にとりできる「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」などがあります。

しみ取りクリームででかおのしみを取ることはできるか?

かおのしみを取ることが目的なら、「ハイドロキノン」という成分が入ったクリームが効果的です。

なぜなら、ハイドロキノンはメラニンを分解する働きがあるからです。そのため、美容皮膚科などでも使用されています。

かおのしみ取りクリームには顔全体に塗り顔全体のシミ対策をする美白を目的とするタイプのクリームと、しみにピンポイントで塗るタイプのクリームがあります。

ハイドロキノンが配合されているクリームは、しみにピンポイントで塗るタイプなので、かおの気になる部分に塗るならダイレクトに効果を発揮してくれることでしょう。

しみを取る働きがある化粧品は効果があるか?

しみ取り化粧品を選ぶ際に気を付けたいことは、その含まれている成分です。ピーリング成分ばかりが多く配合されている肌への刺激が強いシミ取り化粧品もあります。

上記でみた「ハイドロキノン」が配合されている化粧品もあります。ハイドロキノンが化粧品に含まれている場合、メラニンの塊、つまり、しみを分解する働きがあるのでしみを消すのに効果的といえます。

人気のしみ取り化粧品にはどのようなものがあるでしょうか?

  • Decencia(ディセンシア):「サエル」
  • アンプルール:「ラグジュアリーホワイト」
  • ビーグレン:「ホワイトクリームEX」

これらの化粧品が顔のしみに効果があることで人気があります。どれも高濃度でハイドロキノンが配合されていることから、しみに効果があることを期待することができます。

かおのしみはクリームや化粧品で消すことができます。もしそれらを使用しても改善が見られない場合は、医療機関を受診し、レーザー治療などを行うことができるかもしれません。


pagetop