シミ消す薬の総まとめ

シミ消す薬の総まとめ

頼れるのはよく効く医薬品ロスミンローヤル

あまり知られていないシミに効く薬の選び方

人気のシミ消す薬で特に上位6種類を徹底比較しました

商品 満足度 注目成分 価格 摂取目安 安全性
ロスミンローヤル

ロスミンローヤル

◎
70万箱突破
◎
9種類の生薬
◎
初回1900円
◎
1日9錠
◎
安全性高い
詳細 シミにも小じわにも効くシミ取り薬で、既に多くの女性に利用されている。女性の不調対策にも頼れるサプリ。
キミエホワイト

キミエホワイト

◎
成分増量
◎
L-システイン
◎
1,900円
○
1日3錠
○
比較的安全
詳細 L-システインを最大量240mg含むようになり、飲み方に注意が必要だが、シミ取り効果は期待できる。
ミルセリンホワイトNKB

ミルセリン ホワイトNKB

◎
定期購入お得
◎
複数成分
○
2,980円
◎
1日6錠
○
比較的安全
詳細 成分はしっかり入っているが、価格が高めで多く予算が必要。一度に飲む量に気をつけないといけない。
シミトール

シミトール

◎
利用者多い
○
ビタミンC
○
2,800円
◎
1日6錠
◎
高い安全性
詳細 ビタミンCがメインのシミトールは、摂取量を調整しやすくアレルギーも起こりにくいのでおすすめ。
ハイチオールC

ハイチオールC

○
お肌の悩みに
○
3つの成分
◎
1,620円
○
1日2錠
○
比較的安全
詳細 肌のシミ取り、ターンオーバー促進に頼れる成分が入っていて、安全に飲み続けられるのでおすすめ。
トランシーノホワイトC

トランシーノ ホワイトC

○
肌の再生も
○
複数成分配合
○
1,728円
○
1日3錠
○
比較的安全
詳細 L-システインなど複数の成分を配合しており、肌のターンオーバーも進めてくれるので頼れる。

人気のシミ消す薬 ランキング2017年度版

ロスミンローヤル

ロスミンローヤル

摂取目安5.0 安全性5.0

満足度 5.0
注目成分 5.0
価格 5.0

おすすめポイント

ロスミンローヤルはアスコルビン酸やL-システイン等シミに働きかける成分と9種の生薬配合。美容効果と健康維持も実感できる優れものです。

詳細はこちら公式サイトへ

キミエホワイト

キミエホワイト

摂取目安4.0 安全性4.0

満足度 5.0
注目成分 5.0
価格 5.0

おすすめポイント

肌に良いとされる成分が複数含まれており、シミ・ソバカス対策にはぴったり。営業の電話などはかかってこない安心の運営であることも知られており、リピーターはどんどん増えている。3つの有効成分、L-システイン、ビタミンC、パントテン酸カルシウムでお肌のターンオーバーもきっとうまくいく。

詳細はこちら公式サイトへ

ミルセリン ホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKB

摂取目安5.0 安全性4.0

満足度 5.0
注目成分 5.0
価格 4.0

おすすめポイント

L-システインもビタミンCもあって、シミ・ソバカス対策に役立つ。まだそこまで知名度は高くないが、価格は2980円で1日6錠飲むタイプと他のシミ取り薬と大差ないか、むしろ価格が高いくらいのもの。摂取量を調整しやすいので、自分の体調に合わせて飲む量を変えながらお肌をコントロールできる。

詳細はこちら公式サイトへ

シミトール

シミトール

安全性5.0

満足度 5.0
注目成分 4.0
価格 4.0
摂取目安 5.0

おすすめポイント

シミトールは、ビタミンCを主成分としたシンプルな作りのサプリメントで、生活に取り入れやすいのが魅力。価格もそこそこ安く、体の不調を調えたい女性にも、しみ、そばかす対策や美白対策をしたい方にも頼れるオールマイティなサプリメント。L-システインは摂取量に注意が必要だが、このシミトールならビタミンCの摂取量も調整できて、継続して飲みやすい。

詳細はこちら公式サイトへ

ハイチオールC

ハイチオールC

摂取目安4.0 安全性4.0

満足度 4.0
注目成分 4.0
価格 5.0

おすすめポイント

お肌の悩みにぴったりで、ドラッグストアでも入手できる身近なハイチオールC。1日3錠という従来通りの摂取スタイルで気軽に始めやすい。L-システインん、ビタミンCは、シミ・ソバカス対策だけでなく、全身倦怠感の解消や二日酔い予防にも頼れるので、疲労が抜けないと感じる方には特におすすめ。

詳細はこちら公式サイトへ

トランシーノ ホワイトC

トランシーノホワイトC

摂取目安4.0 安全性4.0

満足度 4.0
注目成分 4.0
価格 4.0

おすすめポイント

1日2回の摂取で良いのでずぼらな方でも継続しやすいのがトランシーノホワイトCの魅力。L-システイン、ビタミンC、ビタミンEも含まれていてお肌の調子をととのえるのに大いに役立つ。ケースや箱がおしゃれで高級感があり、見た目も大切にしたい方には特に最適。90錠1728円、180錠2808円なので、まとめ買いがとてもお得。

詳細はこちら公式サイトへ

ランキング一位の医薬品、ロスミンローヤル

女性なら誰もが永遠に美しくありたいと願うのは当たり前の事かもしれません。特にここ数年で、働くママも増えてきましたから、お母さんになって子育てしながらでも所帯じみたくないと願う若いママさんも増えてきました。

また、働くワーママにおいては尚更常に子供を産んでも社会的地位を立派に築き上げる憧れの存在であり続けたいと言う願望は密かに持っているでしょう。

年齢を重ねる事を否定するのは見苦しい部分もありますが、上手に付き合っていつまでも素敵であり続ける事は、お肌のハリだけでなく、人生のハリをも維持させてくれる大事な要因になって来ます。

いつまでも美しくある為には、体の内面をキレイにして、お肌を清潔に若々しくハリを保つ必要があります。ロスミンローヤルと言う効能効果が認められた医薬品ならシワやシミのケアもサポートしてくれる頼もしいお薬です。

こちらのロスミンローヤルは、テレビでも取り上げられたことのある、現在注目株の国内で唯一シミやシワに効く医薬品です。米国人や若い人などは、不足しがちな栄養をサプリメントで補うと言う事にあまり抵抗は見られませんが、日本人で、子供の健康を預かるお母さん世代の方々からすると、サプリより本来の野菜や肉、魚などをなるべく摂取したいと言う考えの方が多く見られます。

実際に食事のメニュウを考え栄養バランスに気を遣っている張本人からすればそう思いたくなるのも事実でしょう。でも医薬品となると、信頼度も増しますし、効果も期待出来る気がします。

実際に、22種類の生薬を含む有効成分が配合されているロスミンローヤルの服用で、お肌のシミ、シワだけではなく、女性特有の冷え症や腰痛などの婦人病にも効果を発揮してくれています。

だんだん加齢が進むと、お肌のシミだけではなく、手の甲などにも表れてきますがそんな細かなディテールのシミも、シミによって減少してしまいがちなコラーゲンやエラスチンがバランスよく配合されている為、不足分を補ってくれます。そして、美肌と血液の循環は密接に関連している為、美肌効果を得られると、冷え症や肩こり、そして腰痛などの不調も改善傾向に向かいます。

詳細はこちら公式サイトへ

ロスミンローヤルはシミ対策で一番お勧めの医薬品です

いよいよ夏も終わりに近づこうとしていますが、まだまだ暑さが和らぐ傾向はみられません。でも暦の上ではもうすぐ秋ですし、夏の間に沢山太陽を浴びたお肌をクールダウンして整えて行かなければならない時期でもあります。

日焼け対策は万全にしておく事がシミやそばかすなどの肌トラブルを未然に、または和らげる最善策ではありますが、子育て中、特に男の子を持っているママさんなどは、自分のケアはそっちのけで、夏の日差しに立ち向かってしまわなければなりません。紫外線は見た目年齢を引き下げる光老化を引き起こしますが、このロスミンローヤルなら改善していけます。

紫外線によって出来てしまうのは、シミだけではありません。加齢によって生じると考えられがちな小じわも、実は日光による紫外線が原因の一つと言われています。そしてこれまた怖い事に、この光老化で引き起こされるシワやシミなどのマイナートラブルが私たちの老けて見られる要因の8割を占めいていると言う訳です。

でもその要因をまるまる取り除いてくれる医薬品は、すでに60年以上も前から大阪の老舗製薬企業により開発、販売されています。それが国内で唯一シミだけではなく、シワにも効果を発揮し、腰痛や冷え症の婦人病をも治してしまうと言うロスミンローヤルです。

テレビでもしっかり取り上げてくれるのは、老舗メーカーのしっかりした安全性を保障してくれていると言っても良いでしょう。安全な薬と言うのは一番大事な要素でもありますから、販売元が信頼置ける製薬企業だと言う事は使用して行く上での信頼にも繋がって行きます。

お肌のターンオーバーと呼ばれる再生スパンはだいたい28日とされています。ですからロスミンローヤルを毎日一日2回、3錠ずつ服用していけば、使用から一か月程経てばお肌への効果も現れて来るでしょう。

詳細はこちら公式サイトへ

シミに効く薬を選ぶ時の3つのポイントとは?

自分のシミの種類を調べよう
自分のシミがどの種類かによっても改善方法が変わります。薬で改善できるもの、できないものがあります。飲み薬で解決できる場合と塗り薬で解決できる場合もあるため、しっかり医師に診断してもらうのが理想です。どんなシミなのかを把握すれば適した薬も見つけやすくなるので、できる限りセルフチェックもしておきましょう。
処方薬と市販薬は違う
お医者さんに行き処方してもらうものとドラッグストアなどで購入できる薬は違います。成分や効き目、体質との相性などは特に処方薬の方が最適です。市販薬はどんな人が使っても問題がないように選ばれているので、それぞれの症状によって様子の異なるシミの改善には適さない場合が多いです。
種類別によってシミ薬は違う
種類によって使う薬が変わります。そのため自分のシミの種類を正確に知る必要があります。シミにも原因によって違いがあり、治療をする場合には最も適した施術が必要です。シミに効く薬を見つけたい場合は、自分の体の状態やシミの状態を正しく把握して、少しでも早く改善できるようにしましょう。時には、薬を使わなくても解消できる場合があるので、状況把握は非常に大切です。

「シミ」と一口に言っても様々な種類があります。ある程度の年齢になったら仕方ないと考える人もいるでしょうが、実際には20代過ぎたあたりからシミが気になってくる女性は多いのではないでしょうか?年齢を重ねていくとさらにシミが増えて、色も濃くなる傾向があります。

西洋人、特に白人の方はそばかすやシミが沢山ある方がいます。日本人では白人ほどそばかすのある方をあまり見たことはありませんが、そばかすがある方も、そばかすは年齢とともに目立つようになっていくので、少しでも改善したいと考えている方もいらっしゃると思います。当サイトではシミの種類やそのシミに効く薬の選び方や既にたくさん売れている実績のあるオススメの薬などをご紹介していきます。



自分に合ったシミ用のお薬を選ぶ場合、特に重視するポイントを決めることが大切です。上記の3つのポイントでもわかるように、まずは自分のシミがどんな種類なのか、それによっても使う薬が変わってくるからです。

例えば特に日中外に出る事が多く紫外線を浴びやすい人、美白効果を重視する方、日焼けしやすい体質の人、血液循環が悪い方など様々なパターンがあります。様々な条件があるでしょうが、飲み薬を選ぶ場合は、特に2つの目安に注目しましょう。

一つはシミを消すためには塗り薬の他に、飲み薬で身体の内側からアプローチしていくものがあります。これを選ぶ場合は有効成分の量を判断します。もちろんその成分がどのようなシミに有効なのかも合わせて調べておきましょう。

そしてこのような薬は継続的に飲まなければ意味がありません。長い目でみて続けられる価格のものを選ぶようにしましょう。形状も飲みやすいか、1日の服用回数が少ないなど自分に無理なく続けやすいタイプの薬が良いでしょう。

どんなに高価なものでも、高い・飲みにくい・継続しにくいのでは意味がありません。このコラムではシミの種類、薬や成分、値段などをご紹介します。参考にしていただければ幸いです。

シミには大きく3種類あることを知る!

紫外線によるシミは中年以降に増える傾向があります
日光黒子(老人性色素斑)と呼ばれるシミです。年齢的には中年以降に出てきやすいと言われています。肌へのダメージと回復力の衰えが大きな原因で、ビタミン摂取や日ごろのスキンケアがしっかりしていれば、それほどひどくならずにきれいな状態を維持することもできます。年齢によって悪化することもあるので気をつけたい方は食事と生活習慣に特に注意が必要です。
肝斑によるシミは女性ホルモンが影響している
頬や頬骨から頬骨の下、おでこの中央、口の周りなどに左右対称にできるシミで、人によっては20代からできる方も!女性ホルモンが影響するため、トラネキサム酸などを摂取して治療を行うこともあります。女性ホルモンを乱してしまうものでない薬を使用すれば、普段と同じ生活スタイルのままシミ対策ができるので、多くの女性にとって頼りになります。
色素沈着によるシミはニキビやケガが原因です
炎症後色素沈着ともよばれ、ニキビや火傷、ケガをした部分の皮膚に炎症が起こり、それが治った後にできるシミです。こうしたシミは体内から治療できるものではないので外科的な手術をするか、美白化粧品やピーリングを施すとよいでしょう。かなり時間をかけて治療していくことになるので、できるだけニキビはつぶさずに治すなどの工夫が大切になります。

改善できるシミとそうでないものがある!

紫外線によるシミである日光黒子(老人性色素斑)は中年以降に出てきやすいと言われているシミですが、20代ぐらいの若い方でも出てくこともあります。

このシミの特徴は、平で境目がくっきりとした茶褐色や黒味をおびたシミになっています。大きさは小さいものから、数cmとなるものまであり、顔でできやすいところは、紫外線受けやすい頬や手の甲などです。

肝斑によるシミは女性ホルモンが影響しています。これは頬や頬骨あたりから頬骨の下、額の真ん中、口の周り(左右対称にもできます)にできるシミで、30代から40代にかけて出てきやすいタイプです。

かなりしっかり紫外線対策をしている方でもどんどん広がる場合があります。そのため肝斑用のシミ薬を飲んでいる方もいらっしゃいますが、薬によっては改善がゆっくりである場合もあります。

また肝斑は、妊娠や経口避妊薬を服用することで出ることはすでにわかっています。女性ホルモンと関係していると言われているからです。ある意味、加齢現象とは違い、年代的な身体的条件によって起こるものだと理解してください。

そばかすによるシミは西洋人に多く、幼児期から出現しています。数ミリ以下の小さなもので雀卵斑(じゃくらんはん)ともよばれます。頬や鼻、鼻の周りなどに出てくる茶色いものです。これは幼児期から出てくる方もいて、思春期には非常に目立つようになります。

このそばかすも紫外線によって悪化するとも考えられています。ニキビやケガが原因で色素沈着によってできるものは炎症後色素沈着といいます。これはニキビや火傷、ケガをした部分の皮膚が炎症をおこし、それらが治った後に茶色から黒味をおびた褐色のものが残ります。

顔以外に全身にできます。これは年齢に関係なくできます。そしていったん色素沈着が起こった部分が紫外線を浴び続けると色自体が濃くなる場合があります。

シミに効く飲み薬の選び方

有効な成分で選ぶ場合

塗り薬だけでなく飲み薬をとり、身体の内側からシミにアプローチしていくものを選びましょう。場合によっては有効成分の含有量で選ぶのも良い方法です。一般的に有効性のある成分には以下のようなものがあります。

  • L-システイン(肌のターンオーバーを促す)
  • アスコルビン酸(ビタミンC)
  • パントテン酸カルシウム(ビタミンB群の一つ)
  • トラネキサム酸

また効果的にアプローチしてくれる1日の摂取量はL-システインは240mg、アスコルビン酸は1000mgと基準があると言われています。これらを基準に1錠にどの程度含有されているのかを確認して選ぶと良いでしょう。

価格で選ぶ

それぞれのお財布の事情もあるでしょうが、一般的には継続しやすい価格で選んだほうが良いでしょう。改善することを目的にする飲み薬は継続てきに飲まないといけないものがほとんどです。医薬品であれば比較的高いという印象がありますが、長く飲むということを考えて選ぶようにしましょう。

実績で選ぶ

口コミというのもある意味大切な要素です。それは一般の方がどのような意見をもってその薬を選んだかという目安になります。口コミが多くて、改善したという意見が多いのであれば、一度検討材料の中に入れてもいいのではないでしょうか。

もちろんその方の体質というものがありますが、他の方の客観的な意見というのも参考にしてもいいと思います。最初に理屈、理由、値段などを理解したうえで、他の人の意見も聞いてみて、お試しがあれば試してみる。そんな風に選んでいくと自分にピッタリの薬に出会えるのではないでしょうか。

長く続けるからこそ、安心できる製法、材料、値段、会社、口コミが揃っている必要があると思います。また最後に飲みにくいものでは意味がありません。あまり大きなものでも飲みにくいと思いますので、そこも選択のポイントになります。

ロスミンローヤル(アインファーマシーズ)ならアスコルビン酸やL-システイン等シミに働きかける成分と9種の生薬配合で美容と健康の両面にもアプローチ!

シミの予防にもロスミンローヤルがおすすめ!

  • アスコルビン酸やL-システイン等が配合!
  • 9種の生薬配合で美容と健康の両面に良い!
  • 肝斑やそばかす、小じわにも優秀な効果

シミを取ることができる医薬品として「日本で唯一」の商品であり、同時にシミ予防にも高い効き目があります。中の成分としてはアスコルビン酸やL-システイン等シミに働きかける成分をはじめ、厳選した9種の生薬により、美容と健康の両面にもアプローチしてくれます。

一つで2つの効果があるというのがうれしいところです。シミを改善しつつ、美容効果と健康維持も実感できる優れものとして多くの方に支持されています。

ロスミンローヤルは肝斑やそばかす、小じわにも優秀な効果が期待できるだけでなく、いま一番口コミでも人気の売れているシミに効く医薬品です。

国内で唯一シミやシワに効果があると認可された医薬品

年齢を重ねるにつれてシミやシワはどうしてもできてしまうし、女性ならだれもが気になることでしょう。笑いしわ、眉間の薄いしわ、年々シミが濃くなる、張りがなくなる、毛h層ノリが悪くなる…。悩みは尽きません。

この商品はシミやシワの原因が光老化である点に注目して研究された商品です。日常生活を送ると、誰もが紫外線を避けるわけにはいきません。実は家の中でさえ、紫外線の影響があります。そのため日常生活から紫外線のダメージをケアしなければなりません。

これは米田薬品の創業者・米田氏が、いつまでも奥さんを若く美しくいてほしいという願いから誕生させた製品です。妻のための製品と言われています。奥様だけのものとして作っていたものを大量生産したのがアインファーマシーズです。

店頭販売をせず、通信販売のみでの取り扱いをすることで、可能な限り皆さんにお届けできるようにしたものがこの製品です。270錠(30日分[1日9錠(3錠×3回)])、第3類医薬品(厚生労働省に効能を認証)の医薬品です。

詳細はこちら公式サイトへ


pagetop